15.BiS vs フィロソフィーのダンス②

更新遅くなりましたが…

 

後半のBiS vs フィロソフィーのダンスに移ります!!

 

後半は1st vs フィロのス

フィロのスの衝撃が止まぬ中での後半戦、パナコさんとの笑いが絶えないチェキ、おとはすさんのかわいさ…

 

 

それらの余韻もあって、間の時間はそこまで長くは感じませんでした。

少し空も薄暗くなってきており、ロッカールームにパーカーを置いてきてしまった私はTシャツ一枚で秋の肌寒い中を歩いていましたが、そろそろライブで熱くなりたい!と思わせるような空気感でもありました。(ただ寒いだけ)

 

 

そして二部の入場開始

 

 

今回もかなり良い位置につけることができました!

 

 

f:id:tomo00blog:20181128104910j:image

 

二部は先攻後攻を入れ替えて、まずはフィロのス!

一部でも良曲が多く、一部と二部の間でも予習をしていたので、準備は万端!!

 

 

と、思いきや…

 

 

1発目から

Give me your love 全部

をカバー!!!

 

 

一気になだれ込む

研究員達!!!!

 

 

 まさにカオスな、それでいて爆発的なスタートとなりました

 

 その後は一部でも歌った曲を歌う事もあり、一部で私のようにかなり衝撃を受けた人たちもいたのか、コールも一部より大きくなっているように感じました。

 

 

個人的に1番好きだなと思った曲は、

アイドル・フィロソフィーという曲です

 

 

ハルさんのサビが圧巻なのと、ファンでイントロや間奏を歌うというのが気持ちいいなと思った曲だったので、ライブで聴くと更によく聴くことができる一曲なのではないでしょうか。

 

フィロソフィーのダンスはこの日だけで、

私の心にとてつもない爪痕を残していきました。

 

 コールも少なめなので、お客さんがかなりそのパフォーマンスに注目すると思います。その中で聴かせる、魅せるというクオリティがここまで高いアイドルはなかなか出てこないと思います。

また、絶対ライブで観たいと思うとともに

もっともっと大勢の人に知ってもらいたいなとも思いました。

あと、余談ではあるのですが大学で哲学を学んでいる事もあって、随所に自分が学んだワードが出てくるのもちょっと嬉しいです。

 

 

そしてフィロソフィーのダンスの興奮冷めやらぬ中で、次はBiS1st !

アゲンストザペインが発売してから初の1stだった為に、個人的にはかなり楽しみにしていました。

 

そして2ndと同じく1発目は

WHOLE LOTTA LOVE!!

 

 

 1stの目はギンギンに輝いていて、バチバチに"対バンを戦う"という意識を持ってやっているという気持ちがこちらまで届いているように感じました。

この日の1stは命を削って表現しているような、そこに全部置いていくような感覚に陥るようなパフォーマンスをしていたため、研究員もそれに応えるべく、アツい空間を生み出していて、やはりBiSはこのバチバチがBiSをBiSたらしめているのだなと思います。

 

 

iPhoneでうまく撮れてはいませんが…

f:id:tomo00blog:20181128111605j:image
f:id:tomo00blog:20181128111549j:image
f:id:tomo00blog:20181128111530j:image

f:id:tomo00blog:20181128111523j:image
f:id:tomo00blog:20181128111540j:image
f:id:tomo00blog:20181128111556j:image

f:id:tomo00blog:20181128111615j:image
f:id:tomo00blog:20181128111610j:image


f:id:tomo00blog:20181128111545j:image
f:id:tomo00blog:20181128111627j:image
f:id:tomo00blog:20181128111537j:image


f:id:tomo00blog:20181128111623j:image

 

新曲のイツカヤラレルゾも初見だったので、ワクワク感が止まらず、さらに歌詞のドキドキ感や、疾走感にとても心を掻き立てられる曲だという印象でした。

 

また、アゲンストザペインも2ndとはまた違う、追われる側の苦悩や、私たちがBiSを引っ張って行かなきゃいけないんだという決意のようなものを感じるパフォーマンスでした。

 

 

なかなか1stのライブは行く機会がないのですが、やはり1stと2ndを聴き比べるという楽しみ方もできるので、可能な限りは2公演とも行きたいと改めて思いました。

 

基本的に現在やっているライブツアーもそうなのですが、1st2ndのツアーは2ndの昼公演の後に特典会があるため、どうしても1stの推しのパンルナさんなどにはライブの感想などを伝えることが難しく、ライブ後にこれこれこうだったよね!という事が言えないのがもどかしかったのですが、今回は特典会も別々であったので、パンルナさんにもライブ後の生の気持ちを伝える事ができたのはよかったです。

 

パンルナさんにも前回同様覚えていてもらったのは何よりも嬉しく、

そう言ってもらえる事で、ライブでも必ず会いに行きたいなと思えます。

 

アイドル同士のライブにおいて、

「対バン」というワードを使っても良いものか?それはおかしいんじゃないのか?

 

 

という声もあるでしょう。

しかし、今回見たフィロソフィーのダンスとBiSは紛れもなくアーティストであり、同時にBiSHのキャッチフレーズを借りて言えば、楽器は持たないけれど、この2組はバンドであると

確信します。

 アイドルという枠に収まらず、自分たちの色を楽曲やパフォーマンス、何より自分たちの力によって表現しているこの2組を

 

1日堪能できた贅沢さ。

 

 

 

 

今年に入って行ったライブの中でも間違いなくトップクラスに入るような楽しさが

下北沢GARDENには確かにありました。